gdmクリニックの治療方針

gdmクリニックの治療方針
gdmクリニックの治療方針
栄養療法について

病気の原因を追究し根本的な治療を行います。

副作用の多い薬を使わず栄養素で病気を治療します。
今あなたの服用している薬は本当に必要ですか?

「未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気本来の原因を探し、
予防するという、人間の基本を大切にして治療するであろう」
トーマス・エジソン


現代人の多くは栄養不足

p_moriya.jpg現代人の多くは、糖質・炭水化物の過剰摂取でカロリーはオーバーしており、肥満が糖尿病・高血圧・動脈硬化などの原因になっています。しかし、一方ではビタミン・ミネラル・タン白質などの栄養素は不足しています。化学肥料、ハウス栽培、農薬の使用などを使用して栽培した野菜は、ビタミン・ミネラルの含有量は昔に比べると大幅に減少していますし、忙しい現代人は加工食品やコンビニ弁当を食べる機会もかなり増えてきていますが、これらの食事もまたビタミンやミネラルの含有量が低いのです。またスナック菓子や砂糖が何十gも入っているジュースやジャンクフードを摂ることも栄養欠損の原因になります。ビタミン・ミネラル・タン白質などの栄養素濃度が分子レベルで低下すると分子の働きが低下し、体調不良や慢性疾患・老化・ガンなどを引き起こすのです。

*化学肥料で栽培した野菜は昔の栽培方法に比べるとミネラル・ビタミンの含有量が半減。
*加工食品は、高温・高圧処理や添加物のため栄養分が大幅に減少・劣化。
*米・小麦・塩は過度に精製され栄養分が減少。砂糖も過度に精製され、アレルギー・統合失調症等の症状を呈す低血糖などの原因に。
*トランス脂肪酸(マーガリンや揚げ物などに使う工業的処理された植物性油)は、酸化されやすく心筋梗塞やアレルギーの原因となっている。ニューヨークではトランス脂肪酸の使用を禁止。


栄養素で治療する理由は?

ご存じない方が殆どだと思いますが、殆どの慢性疾患・皮膚のトラブル・体調不良は、細胞分子レベルで必要とされているビタミン・ミネラル・タン白質などの栄養素の不足(栄養欠損)もしくは肥満(脂肪細胞)が原因です。不足栄養素を十分量摂取すること・肥満を解消することで、多くの場合人間本来持っている自然治癒力が回復し病気や症状は治ります。ビタミン、ミネラル、タン白質などの栄養素はもともと体内に存在し、細胞内で利用されている生体内物質なので解毒する必要もなく、薬害副作用もないので安心・安全です。