院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

ヨガ・ピラティス

gdmクリニックが入居しているsupleにはヨガのスタジオがあります。

夕方になると多くの女性や岡山のサッカーチームファジアーノの選手たちがレッスンに訪れています。ヨガは皆さんご存知でしょうが、ピラティスはまだあまり知名度は高くないと思います。ピラティスとは、第一次世界大戦で怪我をした兵士のリハビリ目的で始めたものだそうです。骨盤の歪み改善、姿勢矯正、肩こり解消の効果が得られそうですし、正しく呼吸することで深層の筋肉をほぐし、鍛えていく作用もあるそうです。適度な運動は健康維持に大切ですが、ヨガやピラティスをしても不足栄養素は体内で増えることはありません。むしろホットヨガなどは大量発汗により鉄などのミネラルの喪失が起こる場合もあります。しかしヨガをする人はLOHAS志向が強くサプリメントでの栄養摂取を否定する方が多いようです。残念ながら良質な食事をこころがけても必要な栄養は十分まかなえません。血液検査をすれば一目瞭然です。栄養療法と適度な運動を両方行うことが一番理想なのです。階下のヨガスタジオに通っている人(今はヨガスタジオに通っている人でgdmクリニックで栄養療法を実践している人は皆無です)が栄養療法の重要性に気づきgdmクリニックを受診される日が訪れることを願っています。