院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

不妊治療

神戸からだけでなく大阪、京都、名古屋など他県からも不妊の相談に来られる方が多いです。不妊治療というと婦人科というイメージをみなさんお持ちかもしれませんが、実は不妊は栄養療法が得意とする分野なのです。しかし栄養療法は不妊治療において非常に有効な治療法だということは一般にはあまり知られていません。卵巣、卵管、子宮などに特に器質的な異常がないけれどなかなか妊娠しないという方は、栄養療法が非常に効果的です。性ホルモン、子宮内膜などはすべて栄養でできています。栄養の不足が不妊の大きな原因なのです。
妊娠すると10か月間お母さんは赤ちゃんに栄養をあげないといけませんので、それだけの貯金があるお母さんのところにしか赤ちゃんは来たがりません。貯金がないのに体外受精などの高度な技術を用いて妊娠させると、早産や流産の危険性が高まります。ですから体外受精や人工授精する方でも、栄養状態が整うまでは妊娠しないほうがいいですとお話ししています。母子ともに健康に出産を迎えれることまで考慮して栄養療法では不妊治療を行っています。