院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

サプリメント選び

受診される患者さんの多くはご自分で既になんらかのサプリメントを購入して飲んでいます。しかし、分子整合栄養医学的に見ると、何を改善させる目的で摂取しているのかよくわからない成分名のものを飲んでいる方が意外と多いように思います。また含有量が少なく治療に適していないサプリメントも少なくありません。
栄養療法は、細胞や酵素、神経伝達物質の材料になるもの(生体ない分子)を補充します。逆に言うとそれ以外のものは基本的に補充しません。また不足して症状や病気を引き起こしている栄養素を補充しなければ意味がありません。ですから血液検査が重要になってくるわけです。また栄養療法は容量依存性に治療効果を発揮するので、不足分を補うだけの至適量を摂取しなければ症状の改善は得られません。また吸収量にも個体差があり、多く摂取してもらってもなかなか血液データが改善しない方もいますので、そういう場合は摂取量をさらに増やしていただく必要もでてきます。
いずれにしろ自己判断でサプリメントを選んで飲んでもなかなか病態改善は難しいのが現実ですので、分子整合栄養医を受診し血液検査結果に基づいて栄養素を処方されるのがよいかと思います。