院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

背景に栄養欠損があるか否か

栄養療法で治りますか?と患者さんから尋ねられることがあります。栄養療法が効果を発揮するのは、お困りの症状や病態が栄養欠損が背景にある場合に限られます。鉄不足でおきている症状ならヘム鉄の補給、ビタミンCの不足でおきている症状ならビタミンCの補充で病態は改善します。ただし、栄養療法は容量依存性に治療効果を発揮するので、少ない量をちびちび摂取してもほとんど治療効果が得られません。細胞の分子濃度を正常な状態に戻すだけの量を摂取しなければいけません。ですから市販のサプリメントは治療用に設計製造されていないので含有量が少なすぎて治療には使えません。