院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

ピルの副作用

産婦人科医はピルを処方するのが好きです。副作用も殆どないです、と言って気軽に処方しているようです。
私は以前からピルの服用はおすすめしていません。ブログやHPにもピルでビタミンB群の吸収が不足してしまうので妊娠を控えている女性には特に注意するように言っております。また40歳以上の女性に関しては、血栓症のリスクが高まるというお話もしています。ある女優さんや女子アナが、心筋梗塞や脳梗塞をされたことが少し前にニュースになっていましたが、彼女たちもピルを服用していたのかもしれません。
Yahooニュースでピルの副作用について書かれていました。血の固まりができる副作用によって、この5年間で11人死亡し、重症例が361件報告されていることがわかったそうです。
ピルは対症療法にすぎませんし、副作用のリスクもあります。月経困難症や子宮内膜症も栄養療法で改善される場合が少なくありません。ピルの服用に抵抗がある方や、副作用でお困りの方には栄養療法がおすすめです。