院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

ヘリコバクターピロリ抗体

人間ドック等でピロリ菌の感染の有無を調べるためにピロリIgG抗体を測定します。抗体が陰性でも実際はピロリ菌に感染している人が時々おられます。抗体はタン白質を材料として産生されるので、タン白質不足の人は抗体がきちんと作られず陰性になってしまいます。
内視鏡で胃粘膜を見れば感染しているかどうか分かります。感染が疑われたらピロリ菌の培養検査を行い、陽性だと確実にピロリ菌が感染していることになりますので除菌を行います。ピロリの抗体が陰性でも胃症状がある方は一度内視鏡検査をお受けになることをお勧めします。