院長の独り言

院長の独り言
ピロリ菌がいるかも
疲れやすいのは年のせい?
精神的に登校できない?
女性のうつ症状
臨時休診のお知らせ
全国少年柔道大会
内科治療
乾燥対策
出産報告
岡山市の柔道教室生々館道場Facebook

隠れ鉄欠乏

ヘモグロビンやヘマトクリットは低くなく、むしろ基準値内でも高めの場合でもフェリチンが測定できないくらい低い人は結構います。しかし、中途半端な知識を持っている人は、ヘモグロビンが低くないのに鉄欠乏という診断に納得できないと診断結果に不満そうにされる方がいます。まず、タン白質不足で血液が濃縮して見かけ上ヘモグロビンが高めの値をとることを知らない、フェリチンという検査項目のことを知らない、基準値(検査した人の95%が入るように設定される)の意味を知らない、などが正しく鉄欠乏を理解できない原因だと思います。ヘム鉄の摂取で病態の改善が見込まれるのに、中途半端な知識が邪魔をして治るものも治らないのは非常に残念です。勉強するならとことん勉強して正しい知識を得る、そうでなければ「餅は餅屋」というように考えてほしいものです。