院長の独り言

院長の独り言
子ども柔道体験教室のお知らせ
砂糖中毒
パートナース募集
お盆休み
酒さ
夏季休暇のお知らせ
隠れ貧血
臨時休診のお知らせ
理想的な食事とは
慢性疲労

慢性疲労

疲れやすい、寝ても疲れがとれない、何をするのもおっくう、という症状でお困りの方が多いです。年のせいと諦めている人、内科で血液検査をしても異常がないので心療内科を受診するように言われたが心療内科を受診するのは抵抗がある人、うつ病と診断されて既に薬を飲んでいる人、栄養ドリンクを飲んでいる人、にんにく注射を打っている人、人それぞれ対処方法は様々です。

症状が起きるには何か原因があるはずです。原因がよく分からない場合は、最近は大学病院などの総合診療科に紹介されるケースが結構あるようです。しかし、総合診療科といえども、栄養不足による症状の診断はできません。実際、慢性疲労で開業医から大学病院の総合診療科に紹介された患者さんがいましたが、フェリチンが著明低値なのになんの対応もなされず毎月採血だけしていました。ヘム鉄の摂取で症状は速やかに改善したのは言うまでもありません。
慢性疲労、意欲の低下、すぐ疲れる、朝起きられない、登校できない、といった症状でお困りの方、なにかしらの原因があるはずです。総合診療科でも原因を突き止められなかった場合は、栄養不足が背景にある可能性が大きいので是非とも分子整合栄養医に相談してください。