院長の独り言

院長の独り言
妊娠ビタミン
妊活サプリ
身体に負担の少ない癌治療
負担の少ない不妊治療
起立性調節障害は治ります
副腎疲労症候群
栄養療法による不妊治療のメリット
不妊治療の遠隔診療
身体に負担のない癌治療
不妊治療

妊娠ビタミン

ビタミンEはトコフェロールともいいます。不妊のラットに与えたところ妊娠したことからついた名前です。ですからビタミンEのことを妊娠ビタミンとも言います。
ビタミンEには、卵巣機能を改善させる、排卵を促進させる、黄体を増加させる、といった作用があります。その他にも血流を良くする、酸化を防ぐ、といった作用もあります。男性もビタミンEが不足すると精巣の萎縮が起きることがあります。また、ビタミンEは下垂体や副腎などのホルモン産生臓器に多く必要とされていますので、不足するとホルモン産生がうまくいかなくなる原因になります。ですからgdmクリニックでは不妊症の患者さんには前例ビタミンEを処方しています。
ビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールの2つの型があり、それぞれにα、β、γ、δの4種がありますので、計8種のビタミンEが天然には存在します。市販されているビタミンEは合成か天然型のものが殆どで、天然であってもαトコフェロールしか含有していません。8種類の天然ビタミンEを摂取する方が妊娠にも効果的です。