院長の独り言

院長の独り言
肝硬変の治療
抗がん剤の副作用軽減
学校に行けないわけ
新しいgdmクリニックのHP
女性の慢性疲労の原因
妊娠ビタミン
妊活サプリ
身体に負担の少ない癌治療
負担の少ない不妊治療
起立性調節障害は治ります

肝硬変の治療

ウイルス性肝炎、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、アルコール性肝炎などが進行すると肝臓が線維化していき、最悪の場合肝硬変になります。肝臓は、糖代謝、タンパク質合成、コレステロール合成、核酸合成、薬物代謝、有害物質の解毒、胆汁や凝固因子の生成を担っています。肝硬変が進むと、タン白質合成がうまくできなくなりアルブミンが低下します。肝不全になると腹水も貯まってきます。こうなるともうお手上げですと言われてしまいます。保険診療においてなかなか有効な手立てがないのは事実です。
しかし、分子整合栄養医学的にはまだいろいろと対策があります。アルブミンが低下するといろいろな影響が出ますのでアルブミンを高めてあげることが何より重要です。アルブミン合成のためにはBCAAをしっかり摂取することでアルブミンを回復させることは可能ですが、これには少し飲み方にこつがいります。肝臓は活性酸素を発生しやすい臓器なので抗酸化アプローチは重要です。肝臓の線維化はビタミンAの欠乏が原因なので天然ビタミンAの摂取も線維化進行には欠かせません。