院長の独り言

院長の独り言
起立性調節障害はエネルギー不足
GW中の診療について
肝硬変の治療
抗がん剤の副作用軽減
学校に行けないわけ
新しいgdmクリニックのHP
女性の慢性疲労の原因
妊娠ビタミン
妊活サプリ
身体に負担の少ない癌治療

起立性調節障害はエネルギー不足

10歳くらいから高校生くらいまでのいわゆる思春期の児童や生徒の中に、朝起きられなくて登校できない子が学年の中に何%かいます。大学病院での診断名は起立性調節障害です。血圧が低い子が多いのでこのような変な病名をつけられますが。分子整合栄養医学的にはエネルギー不足が原因と考えています。成長期にために鉄やタン白質などの栄養の需要が亢進し細胞レベルでの栄養不足が生じていることと糖質に偏った食事などでエネルギー産生がうまくいかないことが主な原因です。まず分子整合栄養医学的な栄養解析血液検査を実施し、不足している栄養素を摂取したり適切な食事をしたりすることで殆どの子は改善して登校できるようになります。