院長の独り言

院長の独り言
朝起きられない原因
起立性調節障害はエネルギー不足
GW中の診療について
肝硬変の治療
抗がん剤の副作用軽減
学校に行けないわけ
新しいgdmクリニックのHP
女性の慢性疲労の原因
妊娠ビタミン
妊活サプリ

朝起きられない原因

朝起きられずに登校できない子が思春期の子どもの10%ほどいるそうです。なぜ朝起きられないのかというとエネルギー不足だからです。
思春期=成長期なので体格が大きくなるためにタン白質、鉄などの栄養の需要が亢進しています。鉄はエネルギー産生に必要ですし、脳の神経伝達物質もタン白質や鉄でできます。
栄養欠損以外には、機能性低血糖でも朝が起きられなくなります。糖質の過剰摂取で血糖が乱高下して自律神経にも影響をきたす病態です。血糖が下がると当然エネルギー不足になり起きられない、だるい、などの症状がでます。
大学の小児科などでは、起立性調節障害という病名をつけて、自律神経の薬、昇圧剤などで治療していますが、これでは症状は改善しません。原因に応じたアプローチを行う必要があります。原因を同定するためには分子整合栄養医学的な血液検査が必要になります。
起立性調整障害でお困りのお子さんの親御さんは、是非分子整合栄養医にご相談ください。